お金を借りることは基本、NGで考えるべしというのが信念

個人的にはお金の貸し借りに関しては、極力行うべきではないというのが信念です。これは個人的にも、そして銀行との関係も、もちろん、消費者金融も然りです。

まず、個人間のお金の貸し借りです。これは友人であろうと親戚であろうと家族であろうと、お金の貸し借りが発生した際には、それは戻ってこないと考えたほうがよいでしょう。実際に借りる側もそうですが貸すに当たっても、お金を貸す際には返って来なくても仕方なしというほうが良いと思います。

そして、個人間ではないお金の貸し借りです。もちろん、お金を借りることはあるでしょう。しかし、金利を支払うことが個人的にはもったいなくて仕方ないのです。なぜ、実際に利用した以上のお金を返す必要があるのかもったいないから私はローンは組まない方針です。大型家電や家具、そして車に至るまで基本的には元気一括で支払うことにしています。一生で支払う金利を考えると相当お得だと思います。

最近はカードを持たずに振込キャッシングなどができる時代なので(カードなし借入)自宅でネットから簡単にお金を借りることができるので、つい借りてしまいがちなので注意が必要です。

しかしながら、さすがに住宅ローンだけはそうはいきませんでした。何しろ、元気一括で支払うには大きすぎる金額になってしまいます。これだけはやむなく銀行からお金を借りる形にしましたがそれでも頭金を極力多くして、ローンの金額はかなり減らしました。もちろん、支払うローンも減ってくるわけです。

個人の考え方にもいろいろ相違はあると思いますが、金利を極力支払いたくないというところだけはみないっしょなのではないでしょうか。


コメントを残す

CAPTCHA